ある春の隣で

April 16, 2019

自分の当たり前は他人の当たり前ではない・・・

 

 

 

「○○の日」なんて言う日のスーパーのレジは

大混雑です。

 

こんな日は急いでも急ぎようがないので

ボーっと待つしかない。

 

前にいた老婦人

何にも持たずに

妙にいそいそしている

 

ご主人が別の列に並んでるらしく

早い方に行こうとしているらしい

すごい連係プレイ

結局、ご主人の方が早いみたいで

そちらの列に行った。

でも、大して変わらない・・・

 

荷物を持っていたご主人は優しいですね

 

後ろの老夫婦

 

「なんで私が良く知らない人のために

 用意しなきゃいけないの」

 

「私だって暇じゃないの」

 

「そんな事言うもんじゃない」

 

「部屋も空けなきゃならないじゃない」

 

「だったら自分たちでどこか部屋でも何でも

借りたらいいじゃない」

 

「私はお手伝いさんみたいだ」

 

こんな会話が聞こえてきた。

 

こちらのご夫婦が何年寄り添ってきたかは

分からないが

 

いくつになっても喧嘩はするもんだな・・

 

元気な証拠かな

 

こんな事を見たり聞いたりしてると

レジに並ぶのもまあ、面白い。。。

 

そして明日も又、レジに並ぶ・・・

 

では又。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

November 29, 2019

November 26, 2019

November 24, 2019

November 22, 2019

November 16, 2019

November 14, 2019

Please reload

アーカイブ